【徹底解説】SBIソーシャルレンディングの口座開設(登録)手順、用意するもの、注意点

2017年9月15日更新
Sbiソーシャルレンディングkv min

「資産運用と社会貢献の両立」を実現できる新たな金融マーケットの創造を掲げる、SBI ソーシャルレンディング。

これからソーシャルレンディングを始める方であれば、まず口座開設(登録)をしておきたい業者の一つだと思います。

ここでは、SBIソーシャルレンディングの口座開設(登録)する手順や、事前に用意して置くもの、注意点などをまとめました。スムーズに申込みから本人確認書類のアップロードが出来れば3営業日程度で口座開設が完了するので、しっかり確認して口座を開設しましょう。

 

 

事前準備、投資口座開設(登録)条件

まず、下記の事前に準備するものを用意しておくとスムーズ手続きすることができます。また、投資口座を開設するには、一定の条件や審査があるのでこちらも合わせて確認してみてください。

 

事前に準備するもの

・マイナンバー確認書類の画像

以下のいずれか1種類

  1. マイナンバーカード「裏面」(マイナンバー記載面)
  2. 通知カード
  3. 住民票(発行後6ヶ月以内 /マイナンバー付き)

※マイナンバーカード「表面」(顔写真面)は、本人確認画像として添付してください。

※裏面に変更内容が記載されている場合は、表・裏両面の画像を添付してください。

 

・本人確認書類の画像

以下のいずれか1種類、現住所が記載された有効期限内のもの

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. マイナンバーカード「表面」(顔写真面)
  4. パスポート(顔写真面と住所記載面)
  5. 住民票(発行後6ヶ月以内)
  6. 住民基本台帳カード
  7. 在留カード
  8. 特別永住者証明書
  9. 外国人登録証明書

※マイナンバーカード「裏面」(マイナンバー記載面)、通知カードについては、本人確認の資料となりませんのでご注意ください。

 

・銀行口座確認画像

以下のすべての情報が表示された登録銀行口座の預金通帳またはキャッシュカード

ネットバンク等でいずれも無い場合は、当該銀行のWebサイトへログイン後の画面キャプチャー

※お客様ご自身の名義の銀行口座に限ります。

  1. 銀行名
  2. 預金名義
  3. 支店番号または支店名
  4. 口座番号

 

★ポイント:申込フォーム上にて、必要書類のアップロードができるので事前にカメラで撮影しておけばスムーズに申し込みすることができます。

 

SBIソーシャルレンディングの口座開設(登録)条件

  1. 20歳未満もしくは満75歳以上の方
  2. 下記のいずれかに該当しない方

-成年被後見人、被保佐人、被補助人

-生活保護法による保護をうけている世帯に属している

-破産者で復権を得ていない

  1. 借入金や、お客様が保有する資金額のほぼ全額を投資金にしない方
  2. 外国PEPsに該当しない方 *

 

法人口座については個別に、問い合わせを行っているようなので直接確認してみてください。

申込み・投資開始までの流れ

SBI ソーシャルレンディングの投資開始までの大まかな流れは、下記の通りになります。

 

1、投資家登録申請

ホームページより投資家登録を行います。

 

2、本人確認キーの入力

3営業日程度で自宅に届く本人確認キーを確認して、ホームページから本人確認キーを入力します。

 

3、投資のお申し込み

投資したいファンドについての契約締結前書面を、ホームページよりダウンロードし、ファンドに投資するリスクと手数料についてご確認・ご同意し、投資のお申し込みをします。

SBIソーシャルレンディング投資家登録

 

それでは、準備が整ったら早速会員登録を始めましょう。

まず、SBI ソーシャルレンディングの公式ページにアクセスし、「会員登録はこちら」というボタンをクリックします。

1、ID登録・規約等

SBI ソーシャルレンディングでは、まずIDの登録と規約等の確認を行います。

ログインIDとパスワードを入力し、メールマガジンの配信に関する希望蘭まで入力が終わりましたら、利用規約や個人情報の取り扱いに関する同意書に目を通してください。

内容に同意される場合は、「上記内容に同意します」のチェック欄にチャックを入れ、「同意して次へ」をクリックしてください。

次の画面で、登録内容を確認し、間違いがなければ「登録」をクリックします。

 

登録したメールアドレス宛に、本登録用のURLが送られてきますので、確認して下さい。

 

 

2、投資家適合性

メールに記載のURLをクリックし、適合性の確認に進みます。

 

資産状況や投資経験、投資に関しての質問などを答えていきます。この際に注意するポイントとしては、年収、金融資産の項目です。一定の審査基準があるのでどちらかが100万以上ないと審査に落ちてしまう可能性あります。

続いて、投資経験を答えていきます。投資未経験でも特に問題はありませんが、なるべく正確に入力するようにしましょう。

投資資金の方針や投資目的についても回答していきましょう。基本的には余裕資金としての投資になると思いますので、そちらを選択していけば問題ありません。

 

全ての項目を入力出来たら、「送信」をクリックします。

3、個人情報・勤務先情報

次に、「個人情報」「勤務先情報」を入力していきます。

入力が完了しましたら、「未入力の項目があります!」が「次へ」に変わりますので、そちらをクリックし、次に進みます。職業は勤務先がない専業主婦、学生、無職も選択可能です。

4、口座情報登録

続いて、振込口座を入力していきます。本人名義の口座のみになりますので登録される本人の口座で入力してください。入力できたら「確認」のボタンをクリックして次に進みます。

確認画面が表示されますので、間違いがなければ、「登録」をクリックします。

 

必要書類登録

ここでは、マイナンバー画像、本人確認画像、銀行口座確認画像のアップロードをしていきます。

必要書類登録」をクリックしてください。

※マイナンバー確認書類は、必ず専用のフォームより登録を行ってください。

メールやFAX等で送付しないよう注意してください。

 

★ポイント

画像ファイルは下記の形式、容量の指定があるので注意してください。

・拡張子「jpg」・「jpeg」・「tif」・「tiff」・「bmp」・「gif」・「png」

・アップロードできるファイルサイズは1ファイルあたり3MB以内

まず、マイナンバーを入力します。次に用意しておいた画像を各項目にアップロードしていきます。

ファイルを選択」で画像を選択し、「選択したファイルを確定」で決定します。

 

全ての項目のアップロードが終わりましたら、右下の「確認画面へ」から確認画面へ進みます。

確認画面で、アップロードしたファイルの確認が出来ますので、間違いが無ければ、「登録申請」をクリックします。

 

マイナンバーの登録申請が完了しました」を表示されましたら、先ず1段階作業の終了です。

 

審査と本人確認キー

投資家登録、書類アップロードが完了すると、その情報をもとに審査が行われます。審査は1~3営業日で完了し郵送にて本人確認キー記載のハガキが簡易書留で送られてきます。

 

SBIソーシャルレンディングの公式ページにアクセスし、ログインします。

ログインIDとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

ハガキに記載されている本人確認キーを入力が完了すれば口座開設が完了になります。


 

 

まとめ

SBIグループという安全性の高さや、平均利回りの小ささから、初心者に向いているソーシャルレンディングの事業者ではないでしょうか。

小さいと言っても2~7%の利回りは、銀行に余裕資金を眠らせているよりも高いのは明白です。

 

過去に貸し倒れがないという実績や、最低投資額が1口1万円というのも、初心者や興味を持ち始めた方も安心して利用できるのではないか、という印象です。

 

その反面、公式ページでは、最短でどれくらいで口座の開設が出来るのか、という具体的な記載がないので、私の場合3営業日程度で開設出来ましたが、最大でどれぐらいの期間様子を見ればいいのか分かりにくく、システム障害や、メンテナンスにより、アクセス出来なくなる事が多い印象があり、口座開設までにやや不便さを感じる事もありました。

 

そういった点を加味した上で、口座開設を検討してみるのが良いと思います。

この記事を書いた人

Sm profit3rich r

Profit.com編集部

Profit.com編集部です。投資にまつわる記事を、わかりやすく解説していきます。

関連記事