仮想通貨Lisk(リスク/LSK)の買い方やお得に購入できる取引所を徹底解説

2018年6月15日更新
Lisk1

Lisk(リスク/LSK)はスマートコントラクトを実装している仮想通貨です。スマートコントラクトを実装している仮想通貨として有名なのはイーサリアムですが、リスクのスマートコントラクトには安全性と手軽さがプラスされていて将来性が高い通貨として注目されています。

 

リスクは初心者の方にとってそれほど有名ではないかもしれませんが、時価総額ランキングは第25位(2018年6月時点)と決してマイナーコインではありません。興味深い独自のシステムが満載のリスクを紹介します。

 

Lisk(リスク/LSK)特徴とは?

基本情報

通貨名称 Lisk(リスク )
通貨単位 LSK
コンセンサスアルゴリズム DPoS
時価総額(2018年5月現在) 約160億円
上限発行枚数 上限なし
公式サイト https://lisk.io/
ホワイトペーパー http://golemproject.net/doc/DraftGolemProjectWhitepaper.pdf
公式Twitter https://twitter.com/LiskHQ

 

まずは、リスクの特徴などを解説します。

 

特徴①スマートコントラクトによるDappsの開発が容易

リスクのブロックチェーンシステムには、スマートコントラクトが採用されています。

従来のブロックチェーンでは送受信の情報しか記録できませんでしたが、スマートコントラクトは送受信のデータと合せて「契約内容」も記録できます。

 

イーサリアムでも採用されているスマートコントラクトですが、リスクのスマートコントラクトとは大きく異なる点があります。

それが「プログラミング言語」です。

 

イーサリアムで使用されているのは、「Solidity」という専用のプログラミング言語です。

Solidityはイーサリアム専用の言語のため、使いこなせるプログラマーが少なく、汎用性が低いのが欠点です。

 

一方リスクは「JavaScript」という言語を使用しています。

JavaScriptはプログラミングにおいてよく用いられる一般的な言語で、使いこなせるプログラマーが多く、プログラムを1から学ぶ必要がほとんどありません

 

リスクはJavaScriptでプログラムができるので、「Dapps(分散型アプリケーションプラットフォーム)」の開発も容易に行えます。

 

スマートコントラクト本来の良さを残しつつ、そこに手軽さを加えたものがリスクのスマートコントラクトというわけです。

 

特徴②サイドチェーン

リスクにはメインチェーンの他に、「サイドチェーン」も実装されています。

 

イーサリアムのスマートコントラクトでは、メインチェーンという1つのブロックにデータが記録されています。

ただ1つのブロックに記録し続けると、容量の増加によるシステム性の低下(スケーラビリティ問題)が起きやすく、送金詰まりなどが発生してしまいます。

 

サイドチェーンとは、メインチェーンと繋がっている別のブロックのことを指します。

リスクはサイドチェーンをメインに利用することで、メインチェーンに記録されるデータ量を減らし、データの処理能力を上げることに成功しました。

 

またサイドチェーンはスケーラビリティ問題を解決するだけでなく、安全性も強化されています。

メインチェーンがハッキングなどの被害に遭った場合でも、サイドチェーンをメインチェーンから切り離すことで対処できます。

 

特徴③VOTE投票によって報酬が受け取れる

リスクのコンセンサスアルゴリズムには、「DPos(Delegated proof of Stake)」が採用されています。

PoWにマイニングによって報酬を得る仕組みではありません。

 

また、PoSと名前は近いですが仕組みは全く別物です。

 

PoSが仮想通貨の保有数、保有年数が関係するアルゴリズムなのに対し、DPoSはリスクのユーザーによる投票によって、誰が承認権を得るのかを決めるというアルゴリズムです。

 

このDpoSにおける投票は「VOTE(ヴォーテ)」と呼ばれており、ブロックの承認者にVOTE投票をした方は報酬の一部を獲得できます

リスクの保有者が予め承認するユーザーにVOTE投票できるので、承認スピードが約10秒と非常に早いのが特徴です。

 

またVotingによって選ばれた101人のユーザーは、ブロックを生成することで、新規発行されたリスクを報酬として得ることができます。

このようなリスクでの新規発行は「Forging(フォージング)」と呼ばれています。

 

ちなみにフォージングにも、マイニングと同じように半減期が訪れます。

リスクの半減期は1年に1回で、フォージングによって獲得できるリスクは毎年1LSKずつ減少していきます。

 

コインの買い方、購入方法

 

STEP1:取引所を選ぶ

 

STEP2:取引所に登録+入金

 

STEP3:購入

 

各取引所のコイン購入については下記の記事を参照してください。

初心者でもカンタン!仮想通貨投資の始め方を徹底解説

 

Lisk(リスク/LSK)をお得に購入できるおすすめの取引所

リスクを購入する際に、おすすめの取引所を紹介します。取引所によって手数料も異なるので

事前に確認してから、お得に購入できる取引所で購入しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • リスクを販売所形式で購入可能
  • 国内最大級の取引所で安心して取引することが可能
  • BTCのFX取引ができる!スマホアプリでもラクラク取引可能

 

 

買った後の保管方法

リスクを購入した後は、安全性や今後の使い方など様々なことを加味して、最も適したウォレットを選ばないといけません。

リスクに対応しているウォレットとは、一体どんなものなのでしょうか?

 

Lisk nano wallet (デスクトップウォレット)

リスクの公式サイトが提供しているデスクトップウォレットです。

VOTE報酬がもらえる投票に参加する際は、まずこのLisk nano walletにリスクを保管する必要があるので、必ずダウンロードしましょう。

 

他にもリスクを保管できるスマートフォンがいくつかありますが、Lisk nano walletは画面が見やすく、初心者でも比較的使いやすいと好評です。

 

ただ、Lisk nano walletはオンラインウォレットなので、一部ネットに繋げて、送金などを行う必要があります。その際に、ハッキングなどのリスクがあるウォレットということを理解して利用しましょう。

 

Ledger Nano S (ハードウェアウォレット)

リスクの保管に対応しているハードウェアウォレットです。

リスクだけでなく、ビットコインやライトコイン、ビットコインキャッシュやイーサリアムなど数々の仮想通貨に対応しています。

 

コインチェックのネム流出事件以降、仮想通貨のユーザーにはウォレットの安全性を重視するという方が多く見られます。

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットなので、オフライン下で仮想通貨を管理でき、ハッキングの被害に遭う心配がありません。

 

ただ、ハードウェアウォレットは操作が難しく、ウォレット自体のディスプレイもサイズが小さいので少し見にくいです。

特に初心者にとっては、非常に使いにくさを感じるウォレットになってしまうかもしれません。

 

またLedger Nano Sの本体価格は15,000円前後なので、オンラインウォレットを利用するのと比べてコストもかかります。

人気があるハードウェアウォレットの代表格ではありますが、メリットとデメリットをしっかり理解してから購入しましょう。

 

Lisk(リスク/LSK)の将来性

開発の遅れを取り戻せるか

 

リスクには将来性を期待できる機能が多くありますが、まだまだ開発段階の仮想通貨です。

 

実はリスクは、昨年12月に「Lisk core1.0」へのアップデートを予定していました。

Lisk core1.0にアップデートされることで、プラットフォームに参加しやすくなったり、データ処理がよりスマートに行われたりという機能の追加が期待されていましたが、未だに実行されていません。

アップデートはもうすでに3回も延期され、リスクのユーザーに不安を与えることになっています。

 

それ以外にも、リスクはロードマップによって様々な開発を予定しています。

リスクのプラットフォームを簡単に扱うことができる「SDKキット」の配布や、分散型取引所(DEX)の開設など、もし実行されればリスクの価格が上昇するであろうイベントが目白押しです。

 

ただ現状、Lisk core1.0へのアップデートも半年近く遅れている状況なので、これらのイベントの実行がどんどん遅れていく可能性が高いです。

 

開発の遅れを取り戻し、コンスタントにロードマップに示された開発を進めていくことが、リスクの将来性を左右する重要な要素となるでしょう。

 

Lisk(リスク)ベースのDappsの増加

リスクの将来性において、リスクベースのDappsが増加し、利用されていくことも重要です。

現在リスクでは、9つのDappsプロジェクトが予定されています。

 

 

匿名メッセージや不動産、著作権の管理などさまざまなジャンルのDappsプロジェクトがあり、まずはこれらを認知してもらうことが重要でしょう。

 

またイーサリアムなどのように、すでにプラットフォーム通貨として先行している通貨に対して、リスクがどれだけ追随できるかも、リスクの将来を分けるポイントです。

 

仮想通貨の中には、企業がプラットフォームとして採用を検討しているものも多く、リスクが価値を上昇させるには、必ずその中に割って入ることになります。

 

リスクベースのDappsは、認知さえしてもらえれば、多方面で利用できる魅力的なものが揃っています。

新たなプラットフォームとしての階段は順調に駆け上がっていると言えるので、後は競争に勝てるかどうかです。

 

Lisk社は、「現段階ではリスクでやりたいことの1%程度しか出来ていない」という発言をしているので、自然とユーザーたちの期待も高まりますね。

この記事を書いた人

Sm profit3rich r

Profit.com編集部

Profit.com編集部です。投資にまつわる記事を、わかりやすく解説していきます。

関連記事