初心者は要注意!仮想通貨に潜む詐欺の手口とは?対策も合わせて解説

2018年6月14日更新
Pexels photo 685674

仮想通貨の種類は今や1,000種類以上に上り、様々なシステム、用途の仮想通貨が市場を賑わしています。ただ、仮想通貨には危険も潜んでいることを知っておかなくてはいけません。仮想通貨に潜む危険の1つが、悪質な詐欺行為です。

 

特に初心者の方は、騙されやすい事例を知り、自分が被害に遭わないための対策を講じておく必要があります。

自身の身は自分自身で守りましょう。

 

初心者が騙されやすい仮想通貨の詐欺事例

初心者の方が騙されやすい代表的な詐欺の手口を紹介します。

仮想通貨は市場規模が拡大していく反面、詐欺の手口も非常に増えていることを理解しましょう。

 

代理店や個人からの通貨購入

代理店や個人で販売されている仮想通貨は要注意です。

本来仮想通貨には代理店が存在しておらず、また個人で販売されている仮想通貨を購入しても基本的にメリットがありませんので、詐欺コインである可能性が高いです。

 

代理店や個人で行われる詐欺行為は、「取引所よりも安く買える」、「取引所には上場していないコインを扱っている」などと謳って、初心者に仮想通貨を購入させるという手口です。

 

取引所を介さない仮想通貨の購入は、購入した履歴が残らないため、そのまま仮想通貨を持ち逃げされてしまう可能性が高いのです。

もし被害に遭うと犯人の特定も難しくなるので注意しましょう。

 

セミナーなどでの高額の投資グループへの勧誘

セミナーなどで高額の投資グループに勧誘される場合も、詐欺である可能性が非常に高いです。

 

セミナーで勧誘するということは、公の場ではできない勧誘であるからです。

つまり、普通の勧誘ではないということです。

 

友人や身近な方に勧誘される場合も、詐欺行為だと疑った方がいいでしょう。

 

フィッシング詐欺

偽物の取引所Webサイトを作成し、サイトに入力された個人のID、パスワード、メールアドレスなどの個人情報を盗むという手口です。

 

取引所名で検索するとページの上部に表示されるので、初心者は本物のWebサイトと間違えてアクセスしてしまうケースが増えています。

その他にも取引所の公式メールを装って、仮想通貨の購入を促すメールを送りつけてくるというパターンもあります。

 

ICO(クラウドセール)での詐欺事例

プロジェクトを進めるために仮想通貨を利用して行われる資金調達「ICO」においても、様々な詐欺事例が報告されています。

 

例えば有名人の名前を出すことによって、その仮想通貨の安全性をアピールするという手口です。

「有名な経済学者○○おすすめ」という風な説明がされていれば、初心者が安心してしまうのも無理はないですよね。

 

また他に安全性をアピールする手口として、「国家プロジェクト」のような文言を利用する場合もあります。

規模の大きなプロジェクトだということをアピールして、初心者を安心させるという手口です。

 

「価格保証」や「高額配当」という謳い文句で初心者を誘う詐欺行為もあります。

価格保証や高額配当は、仮想通貨を販売する側のリスクが大きくなりすぎるため、基本的には不可能です。

 

「日本国内で仮想通貨を限定販売する」というICOも、詐欺コインである可能性が高いですね。

日本以外にも多くの投資家がいるにも関わらず、日本国内限定でICOを行うメリットが見当たらないからです。

 

スキャム(詐欺コイン)

スキャムは簡単に言うと詐欺コインで、中でも1番多いのはICOにおけるスキャムです。

 

ICOで資金調達をしたにも関わらず、いつまでも仮想通貨の開発が進まないというケースです。

 

ICOにによって出資者はトークンを獲得できますが、仮想通貨が開発されない限り、トークンは何の価値も持ちません。

そのまま事業者は、ICOによって獲得した資金を持ち逃げするのです。

 

中国ではICOによるスキャムの横行が頻発し、すべてのICOを規制する法律が発効されてしまったこともあります。

 

無料配布やairdropの詐欺事例

仮想通貨には、主に仮想通貨の宣伝を目的に行われる無料配布である「airdrop」というものがあります。

 

ICOタイプのairdropでは、ウォレットのアドレス入力を求められるケースが多いのですが、その時にウォレットの秘密鍵も合わせて求めるというケースがあります。

通常のairdropでは、秘密鍵の入力を求められるというケースはありません。

 

指示通りに秘密鍵を入力してしまうと、ウォレットの中身を抜き取られたり悪用されてしまう可能性があります。

 

被害にあわないための対処法

ここまで、仮想通貨に潜む様々な詐欺行為を紹介してきました。

ただ大事なのは、これらの詐欺行為の存在を知るだけでなく、対策を講じておくことです。

 

詐欺に対する意識を高めておけば、対策を講じることは決して難しいことではありません。

有効な対策をいくつか紹介します。

 

必ず登録業者から購入する

仮想通貨を購入する場合は、金融庁に「仮想通貨交換業者」として登録されている事業者から購入することをおすすめします。

 

仮想通貨交換業者として金融庁の認可を受けている事業者は、厳しい項目をクリアしているので、大々的に詐欺行為が行われるような心配はありません。

 

そして、できればなるべく日本国内の仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。

海外の仮想通貨取引所には、日本国内の取引所にはない一定のリスクがあるためです。

 

例えば海外の取引所は、国の規制などが突然入って取引ができなくなるというケースが多いです。

仮想通貨元年と言われた2017年ですら、中国では国の規制によって多くの取引所が閉鎖や別の国に移っています。

 

もちろん日本も例外ではありませんが、海外は国の情報が入りにくいので、常にチェックしておくのはなかなか難しいです。

 

また海外の取引所には、日本語に対応していないところも多いです。

いくらサービスが充実していても、日本語でのサポートがされていない取引所は少しハードルが高いと言えるでしょう。

 

うまい話にはリスクがあることを認識する

先ほども紹介した「価格保証」や「高額配当」など、うまい話で勧誘しているところには必ずリスクがあるということを認識しましょう。

 

仮想通貨がいとも簡単に儲かる商品なのであれば、誰もが仮想通貨を取引しているはずです。

airdropの無料配布のように本当にお得なサービスも中にはありますが、購入に踏み切る前に1度詳細を確認しておくというのは大事です。

 

例えば、著名な経済学者の名前を利用している広告を見かけたら、その人物について1度調べてみましょう。

著名な経済学者なのであれば、必ず経歴などの詳細がネット上でも見つかるはずです。

 

これからもっと仮想通貨における詐欺の手口は増えるかもしれませんが、うまい話に対する警戒心を持っていれば、被害を未然に防げる可能性は高くなるでしょう。

 

取引所等はブックマークしておく

自分が利用している取引所等は必ずブックマークして、いつでもチェックできる状態にしておきましょう。

ブックマークをすることで、偽のWebサイトを利用したフィッシング詐欺の被害には遭いにくくなります。

 

いくら精巧に作られた偽サイトとはいえ、そのサイトにアクセスしなければ被害に遭うこともありません。

ダイレクトで本物のページに飛べるようにしておけば、どれだけ偽サイトが増えようが関係ないのです。

 

そしてもし公式を装ったメールが届いた場合は、本物のメールとアドレスの比較をしましょう。

同じメールアドレスは作成できませんので、本物のメールと見比べると、偽のメールは必ずアドレスが異なります。

 

公式からの情報を確認する

airdorpなどの情報は、公式サイトやSNSの公式アカウントからのアナウンスがあるので、必ずその情報を確認しましょう。

公式サイトからのアナウンスがないairdropや無料配布は、もちろん要注意です。

 

また公式サイトからは、偽メールや偽サイトへの注意喚起が促される場合もありますので、それらもしっかりチェックして、偽メールや偽サイトが出回っているという状況を把握しておきましょう。

 

アナウンスされている公式サイト自体が偽サイトというケースも考えられるので、確認は慎重に行わなくてはいけません。

 

もしも被害にあった場合の対処

もし詐欺の被害に遭ってしまった場合、金融庁の相談室、消費者センターなどに相談しましょう。

 

 

ただ金融庁の相談室や消費者センターに相談しても、必ず犯人を特定して返金してもらえるというわけではありません。

 

中には犯人の特定が難しい詐欺手口もあり、泣き寝入りするしかないという状況にもなりかねません。

したがって仮想通貨の詐欺に遭ってから解決する方法ではなく、「詐欺に遭わない方法」を強く意識しておくことが大事なのです。

 

投資というものは、このような詐欺被害に遭うことも含めて、自己責任の部分が多いです。

「詐欺に遭ったら自分のせい」と言えば言い過ぎかもしれませんが、仮想通貨はそれぐらいの覚悟で真剣に、慎重に取引するものなのです。

 

 

 

 

まとめ

仮想通貨の詐欺行為は、これからも根絶することはないでしょう。

新しい仮想通貨のシステムが生まれるごとに、どんどん新しい詐欺の手口が増える危険性は高くなります。

 

ただ基本的には、取引所を利用した一般的な方法で購入しておくだけで、かなり詐欺に遭う可能性は低くなります。

初心者はとりあえず取引所での取引だけするようにして、ICOなどには手をつけないようにしましょう。

 

仮想通貨の詐欺に遭う方のほとんどは、仮想通貨に関する知識が乏しい方です。

ある程度の仮想通貨全体の知識を得てから、徐々に行動範囲を広げていきましょう

この記事を書いた人

Sm profit3rich r

Profit.com編集部

Profit.com編集部です。投資にまつわる記事を、わかりやすく解説していきます。

関連記事