仮想通貨Ethereum(イーサリアム/ETH)の買い方やお得に購入できる取引所を徹底解説

2018年6月6日更新
Ethereum article2 600 400

2017年に急上昇を見せた仮想通貨市場ですが、今回はアルトコインの代表格であるイーサリアムの特徴や投資を始める際の買い方、購入するのにおすすめな取引所を詳しく解説します。

イーサリアムとは?

基本情報

通貨名称 イーサリアム(Ethereum)
通貨単位 ETH
コンセンサスアルゴリズム PoW(今後PoSに移行予定)
時価総額(2018年5月現在) 約8兆円
上限発行枚数 上限なし
公式サイト https://www.ethereum.org/
ホワイトペーパー https://github.com/kurihei/Ethereum-WhitePaper-JP/blob/master/%5BJapanese%5D-White-Paper.md
公式Twitter https://twitter.com/ethereum

まずは、イーサリアムの特徴などを解説します。

 

特徴①ビットコインに次ぐ時価総額を誇る通貨

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額を誇るアルトコインを代表する通貨です。

2018年5月時点では、約8兆円と昨年末に急上昇したところから30%程度下落しているものの、まだまだ上昇が見込める通貨です。

 

特徴②スマートコントラクトを利用した代表的な通貨

イーサリアムの最大の特徴が、スマートコントラクトという仕組みです。Smart Contractを直訳すると賢い契約ですが、このように訳すとイマイチイメージがつきにくいと思います。

 

わかりやすく意味を伝えると、合意を機械的(自動的)に実装する仕組みです。よく上げられる例としては自動販売機などもスマートコントラクトに当たります。

 

特徴③分散型アプリケーションのプラットフォーム

先程、説明したスマートコントラクトという仕組みを利用してイーサリアムは分散型アプリケーションのプラットフォームとして機能します。

イーサリアムは開発ツールとしての役割を果たし、イーサリアムのブロックチェーンを利用してアプリケーションを作成することができます。

 

また、イーサリアムは主にICO(Initial Coin Offering)に参加する際に必要になることが多い通貨です。こういった点をみても既に需要があり、今後も成長が見込める通貨といえます。

 

コインの買い方、購入方法

 

STEP1:取引所を選ぶ

 

STEP2:取引所に登録+入金

 

STEP3:購入

 

各取引所のコイン購入については下記の記事を参照してください。

初心者でもカンタン!仮想通貨投資の始め方を徹底解説

 

イーサリアムをお得に購入できるおすすめの取引所

イーサリアムを購入する際に、おすすめの取引所を紹介します。取引所によって手数料も異なるので、事前に確認してからお得に購入できる取引所で購入しましょう。

 

Zaif(ザイフ)

  • イーサリアムを取引所形式で購入できるので、手数料が低くお得に購入できる
  • 国内で唯一、イーサリアム(ETH/JPY)購入の際に指値注文が行えるから希望価格での購入が狙える
  • Zaifコイン積立を利用すれば、イーサリアムを毎月自動でコツコツ積み立て投資が可能

 

 

 

bitbank(ビットバンク)

  • イーサリアムを取引所形式でお得に購入できる!ただし、日本円から直接購入はできない
  • 手数料無料キャンペーン実施中で、他の仮想通貨を購入する際はお得に購入できる
  • スマホアプリが使いやすく、外出先などでもチャート確認や取引が可能

 

 

 

GMOコイン

  • イーサリアムを販売所形式で購入可能
  • 口座開設でもれなく少額BTCのプレゼントキャンペーン実施中!
  • 販売所形式だから、操作が不安でもカンタンに購入することができる

 

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • イーサリアムを販売所形式で購入可能
  • 国内最大級の取引所で安心して取引することが可能
  • BTCのFX取引ができる!スマホアプリでもラクラク取引可能

 

 

 

買った後の保管方法

イーサリアムを購入した後に、取引所にずっと置いておくのは取引所ハッキングなどのリスクもあります。では、より安全に保管するにはどのように保管すると良いでしょうか。

 

MyEtherWallet(ウェブウォレット)

MyEtherWalletは、イーサリアムを利用している人なら誰もが利用しているウェブウォレットの一つです。ブラウザから利用できる点や日本語対応している点などから初心者やインターネットなどの操作が苦手な方でも比較的利用しやすいウォレットです。対応通貨は、イーサリアム、イーサリアムトークン(ERC20等)に対応しています。また、ICOの際の受け取り用ウォレットとしても利用することが多いウォレットです。

 

ただし、オンラインウォレットになるためハッキング等のリスクがあり自己管理が大切になるウォレットです。ダウンロードして、利用することもできるのでオフライン環境で利用することも可能ですが、送金等のタイミングでオンラインにしなければならない為、一定のリスクが存在します。

 

Trezor(ハードウェアウォレット)

ハードウェアウォレットの中でも、多くのユーザーが利用している人気のウォレットです。先程紹介したMyEtherWalletと連携して利用します。ウェブウォレットに比べて安全性は高くなりますが操作性など扱いにくい部分があります。価格も1万円以上するので資金額や投資期間によって使い分けることをおすすめします。

 

また、公式サイト以外で購入すると悪意があるソフトウェアが仕込まれている場合はあるので、購入の際は必ず公式サイトから購入しましょう。
 

 

イーサリアムの将来性

イーサリアムは、冒頭にも説明した通り時価総額2位のアルトコインを代表する仮想通貨です。イーサリアムのスマートコントラクトを利用したトークンなどが増えて行くに連れて、トークンエコノミーの拡大が見込めれば、ビットコインを超える時価総額が見込める通貨といえます。

 

ただし、イーサリアムの課題として下記のような問題を抱えています。

 

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、カンタンに伝えると利用者増加に処理能力が追いつかず性能が低下してしまう可能性があるということです。

シャーディングといわれる、処理能力を高める施策も行われているので、将来改善が見込まれる。

 

PoWからPoSへの移行

現在、イーサリアムは「PoW」から「PoW + PoS」への移行が進められています。「PoW」や「PoS」とは、ブロックチェーン技術の仕組みの違いです。これにより、マイニングのような通貨がもらえる仕組みが異なります。

移行することのメリットとしては、処理能力の拡大させることができる点です。また、先程紹介したシャーディングという施策にはセキュリティの理由から「PoS」に対応する必要があるといわれています。

 

まだ、開発段階の技術ではあるため規模の拡大などによって今後も課題は出てくるかと思いますが、

イーサリアムを開発した天才「ヴィタリック・ブテリン」を筆頭にレベルの高い開発陣を揃えていることなどから、将来的には課題は解決していく方向に向かい本格的な実需が見込まれやすい通貨である可能性が高いと考えられます。

 

この記事を書いた人

Sm profit3rich r

Profit.com編集部

Profit.com編集部です。投資にまつわる記事を、わかりやすく解説していきます。

関連記事