仮想通貨MonaCoin(モナコイン/MONA)の買い方やお得に購入できる取引所を徹底解説

2018年6月6日更新
Monacoin kv

2017年は「仮想通貨元年」とも言われ、仮想通貨全体が大きな成長を遂げました。その波に乗るように成長した仮想通貨の1つに、「モナコイン」が挙げられます。モナコインは誕生の由来や使い道がとてもユニークで、他の仮想通貨とは一線を画しています。

 

今回は、モナコインの仕組みや買い方、購入できる取引所について解説します。

 

モナコイン(MONA)特徴とは?

基本情報

通貨名称 モナコイン(MonaCoin )
通貨単位 MONA
コンセンサスアルゴリズム PoW
時価総額(2018年5月現在) 約240億円
上限発行枚数 1億512万
公式サイト https://monacoin.org/
ホワイトペーパー
公式Twitter

 

まずは、モナコインの特徴などを解説します。

 

特徴①日本発の仮想通貨

モナコインは、日本の大型匿名掲示板「2ch」から誕生した日本発の仮想通貨です。

モナコインのデザインは、2chでよく用いられる「モナー」という猫のアスキーアートがモチーフになっています。

 

2013年にMr.Watanabeという人物が開発し、2014年に正式にリリースが開始されました。

開発者のMr.Watanabeが、アルトコインの1つであるライトコイン等のマイニングプールを運営していたこともあり、モナコインもライトコインの仕組みがベースになっています。

 

モナコインはブロックを生成するスピードが早く、1つのブロックを生成するまでに約90秒しかかかりません。

仮想通貨の代表格であるビットコインが約10分なので、決済に適したアルトコインであることが分かります。

 

特徴②色々な場面で利用できる通貨

モナコインは、決済以外にも色々な場面で利用できるのが特徴です。

モナコインは元々、2ch内でのサービス開発資金として、そして「投げ銭」として利用されてきました。

 

投げ銭とは、本来大道芸人やパフォーマーに対して支払われるお金のことを指す言葉ですが、ネット上でも評価したいパフォーマーに対してお金を支払う投げ銭が存在します。

 

掲示板で質問をしたり、質問に対する回答をしたりすることでモナコインがもらえる「アスクモナ(Ask Mona)」、Twitterのアカウントに投げ銭が出来る「チップモナ(tipmona)」などのサービスが利用できます。

SNSで「いいね!」を付けるのと同じような感覚で、モナコインを送金できるというわけです。

 

最近では大手配信サイトである「ツイキャス」でも、配信者に対しての投げ銭が実装されています。

また、モナコインでツイキャスポイントを購入することもできるようになりました。

 

特徴③コミュニティが主体でファンが多い

モナコインは2chから誕生した仮想通貨ということもあって、コミュニティの規模が大きく、モナコインしか利用できない関連サービスが続々と生まれています。

 

コミュニティが強くファンの数も多いというのは、仮想通貨が発展していくにあたって非常に重要なことです。

仮想通貨が独自の強みを生み出しやすくなり、ファンが多ければ取引量も増えるため、大きく価格が変動する可能性も少なくなります。

 

コインの買い方、購入方法

 

STEP1:取引所を選ぶ

 

STEP2:取引所に登録+入金

 

STEP3:購入

 

各取引所のコイン購入については下記の記事を参照してください。

初心者でもカンタン!仮想通貨投資の始め方を徹底解説

モナコインをお得に購入できるおすすめの取引所

モナコインを購入する際に、おすすめの取引所を紹介します。取引所によって手数料も異なるので

事前に確認してから、お得に購入できる取引所で購入しましょう。

bitbank(ビットバンク)

  • モナコインを取引所形式で購入可能!手数料無料キャンペーン実施中!
  • 最高水準のセキュリティ対策がされていて通貨を安心して預けられる
  • スマホアプリが使いやすく、外出先などでもチャート確認や取引が可能

 

 

 

Zaif(ザイフ)

  • モナコインを取引所形式で購入できるので、手数料が低くお得に購入できる
  • 購入の際に指値注文が行えるから希望価格での購入が狙える
  • Zaifコイン積立を利用すれば、モナコインを毎月自動でコツコツ積み立て投資が可能

 

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • モナコインを販売所形式で購入可能
  • 国内最大級の取引所で安心して取引することができる
  • スマホアプリでラクラク取引、急な相場の変化にも対応できる

 

 

 

買った後の保管方法

モナコインを購入した後は、安全な保管方法についても知っておきましょう。

取引所以外で管理する方法は大きく分けて2種類あります。

ウェブウォレットとハードウェアウォレット、それぞれの特徴を掴んで選択してください。

 

Monacoin core (デスクトップウォレット)

公式サイトからダウンロードできる、モナコイン専用の公式ウォレットです。

公式に配布されているウォレットということで、ソフト自体の信頼性が高いという所が特徴です。対応しているOSも多く、多くのモナコインユーザーが利用しています。

 

ただMonacoin coreはデスクトップウォレットウォレットなので、ネットに一部繋がれた状態でモナコインが管理されます。ウェブウォレットは取引所のハッキングリスクと同じように、第三者によってハッキングされるリスクが伴うことは理解しておきましょう。

 

またハッキングのリスクを抑えるために、2段階認証などの設定は必ず行いましょう。

 

TREZOR (ハードウェアウォレット)

オンライン上でなく、専用の端末にモナコインを保管できるハードウェアウォレットです。

またTREZORはモナコインだけでなく、ビットコインやビットコインキャッシュなど色々な仮想通貨の補完にも対応しています。

 

ネット上から隔離された環境で保管されるため、ハッキングのリスクがなく安全性が高いのが特徴です。

 

ただハードウェアウォレットは初期設定や秘密鍵の設定など、知識が乏しい方にとっては少し操作が難しく感じる場合もあります。

またサイズが小さく持ち運びやすい反面、紛失してしまう可能性もあるので注意しましょう。

モナコインの将来性

世界に誇る技術力をもった通貨

 

モナコインは日本発の仮想通貨でありながら、世界に誇る高い技術力を持っています。

 

例えばモナコインは、世界で初めて「Segwit」という技術の導入に成功しています。

Segwitとは簡単に言うと、ブロック内のデータサイズを縮小し、スケーラビリティ(拡張性)の問題を解決する技術のことです。

 

仮想通貨のブロックの中には、送受信のデータと署名がセットになって保存されていますが、Segwitの技術を利用すれば、署名部分を切り離して保管することが可能です。

 

これにより、ブロック1つ1つに多くのデータを保管することが可能になり、データが重くなって送金スピードが遅くなるという問題が解決できます。

 

またモナコインは、「アトミックスワップ」の導入にも成功しています。

アトミックスワップは、取引所を介さずに異なる通貨同士で取引ができる技術です。

 

取引をする両者は仮想通貨を送金する際に、秘密の情報が入ったボックスを作成します。

そのボックスと仮想通貨を同時に送信し、お互いが秘密の情報を確認してから初めて取引が成立します。

したがって持ち逃げされる心配もなく、取引が完了するスピードも非常に早くなります。

 

モナコインはこれらの技術導入を成功させてきた実績があるので、これからも多くのユーザーに注目される仮想通貨となる可能性が高いです。

 

海外大手取引所上場や海外向けのマーケティングが今後の上昇の鍵

モナコインが今後価格を上昇させていくには、海外の大手取引所であるBIANACEやHoubiなどで上場されるかどうかが鍵になります。

 

また国内では非常に大きな規模のコミュニティを持っていますが、海外でも取引量が増えるようなサービスは少ないです。

 

海外取引所にモナコインが上場を果たすには、海外に向けたマーケティングの強化が至上命令と言っても過言ではありません。

もし海外へのアピールが成功すれば、モナコインは名実ともに「世界に誇る日本発の仮想通貨」になれるポテンシャルを秘めています。

この記事を書いた人

Sm profit3rich r

Profit.com編集部

Profit.com編集部です。投資にまつわる記事を、わかりやすく解説していきます。

関連記事